• banner
  • solar panel roof mounting bracket
  • solar mounting systems china
  • sola aluminum mounting racks
あなたの現在地します。: ホーム

業界ニュース

2014 年に世界的な太陽電池太陽光発電需要の半分を占めるアジア太平洋地域 2014-02-11
2014 年に 太陽太陽光発電 (PV) の需要はすべての新しい太陽電池太陽光発電需要来年の約 50% を占めるアジア太平洋地域 (APAC) 地域によって支配されます。2014 年のアジア太平洋地域の新しい太陽電池太陽光発電容量のほぼ 95% はわずか 5 カ国からなる: 中国、日本、インド、オーストラリア、タイ。

アジア太平洋地域国は毎年任意領域内でインストールされて太陽光発電の新しいレコードを設定し、2014 年に以上 23 ギガワット (GW) の太陽光発電をインストールするのには予想されます。このレコードの PV レベル以上の 2010年では、インストール全体のグローバル太陽光発電産業を表し、19.2 よりも大きい GW 時のドイツとイタリアが主要なグローバル太陽光発電国、2011 年にヨーロッパで設置。

アジア太平洋地域は両方を支配する 2014 年まで、また地域から来ているモジュール生産の 80% 以上で供給とエンド市場の需要を製造します。このマイルス トーンは、歴史的なヨーロッパの支配からアジア太平洋地域から需要と供給が 2015年に入る 50 GW グローバル太陽光発電産業の基礎を決定する新しい太陽光発電産業への移行の最終章マーク」とします。

2014年中アジア太平洋地域からの太陽の太陽光発電需要の記録的 2013、18 以上の場合と比較して、35% の年間成長率は、アジア太平洋地域にインストールする新しい太陽光発電の GW を期待します。今年のアジア太平洋地域からの需要は、中国、日本、アジア太平洋地域のインストールの 85% 以上を一緒に占めるによって支配されます。

中国局のエネルギーは最近 12 の積極的な目標を発表した 2014 年までに、8 GW GW、屋根と残りの 4 にインストールするのに GW は地上にあります。新しい投資も日本の市場は、国の 230% 年間成長率 20 以上日本でソーラーの太陽光発電プロジェクトのパイプラインをドライブの 2013 年を次のドライブに引き続き GW。

タイは、2021 年までに 25% を再生可能エネルギーの貢献のためのターゲットの増加、2014 年までにアジア太平洋地域の次の主要太陽光発電国になるに設定されます。国の国民のエネルギー政策委員会が追加の 200 で太陽光発電容量、コミュニティ ベースの 800 メガワット (MW) を提案している MW の太陽屋根に由来します。

分散発電を屋根の上にある太陽の太陽光発電容量を増やすための中国の努力にもかかわらず、地面マウントされたプロジェクトでは、住宅や小規模商業屋上のセグメントから派生した新しい太陽光発電容量の 4 分の 1 未満から 2014年中にアジア太平洋地域でインストールされて太陽光発電容量の 50% 以上がくる。

( 太陽マウント システム、屋根太陽マウント、地上太陽マウント、太陽光カーポート、BIPV )

図 1: 2010 年と 2014年

間のアジア太平洋地域から太陽の PV の需要

著作権 © 2015-2016 Xiamen Sunforson Power Co.,Ltd.すべての権利予約.