• banner
  • solar panel roof mounting bracket
  • solar mounting systems china
  • sola aluminum mounting racks
あなたの現在地します。: ホーム

業界ニュース

日本モジュールの企業は国内市場での締め付けを維持します。 2014-12-11

国内業者は、太陽電池モジュール、日本の太陽光発電エネルギー協会 (JPEA) からの最新の統計によると日本の年度 2014 年第 2 四半期で日本企業から来る合計 2.57GW の 2.39GW と日本の出荷を支配し続けます。

日本の年度は、毎年 4 月に始まります。JPEA によると 8 月から 10 月までの期間の 2.39GW 太陽電池モジュールの国内出荷は、2013 年の同じ期間の需要の 115% を表されます。これは、1.88GW が国内に出荷されたとき、前期比 26.8% の増加だった。ドライブの需要、国内モジュールの出荷の 78% と残りの 22% は住宅市場の非住宅用アプリケーションでの使用を継続するように

商業とユーティリティ規模プロジェクトが登場しました。

JPEA は、エネルギー安全保障と環境上の理由のための 日本 の将来の太陽光発電の重要性を改めて表明しました。ただし、ステートメントには、太陽の不安定性は、電力ネットワークに貢献できるし、「適切なボリュームと範囲」で太陽光発電を導入する必要性を補強が認められています。JPEA と言われて未来を展望して、業界に適合に依存せずそれ自体を維持することができるだろう太陽見直し、プロジェクトの認証ポリシーを改善する必要性にあいまいな参照をしました。

著作権 © 2015-2016 Xiamen Sunforson Power Co.,Ltd.すべての権利予約.