• banner
  • solar panel roof mounting bracket
  • solar mounting systems china
  • sola aluminum mounting racks
あなたの現在地します。: ホーム

業界ニュース

636 計画と日本の太陽光発電の上昇、2015 年まで MW 2013-05-17

日本 の企業の巨人が 636 で、国内の主要な新しい太陽電池プロジェクトを確立する MW は 2015 年予定します。日本アジア グループ、日本製紙、 トヨタ 、三菱、国の急成長太陽電池市場で現役選手。 トヨタ

日本巨人のように、三菱が国の活況を呈している太陽電池市場で野心的なプロジェクトを進めています。

トヨタ と三菱に裏打ちされた 日本 で 2 つの新たに発表された太陽光発電プロジェクトは、136 を生成する約束 2015 MW。

東京ベース株式会社ユーラスエナジーホールディングス、豊田通商株式会社と東京電力電力会社の合弁会社は、東北地方の北部に位置する 青森 県、115 MW プラントを建設する計画です。

7 月に建設を開始し、ブルームバーグのレポートによると、2015 年 11 月にステーションを実行する開始を目指します。

プロジェクトの予定コストいくつか 490 億円 ($ 4 億 8000 万、€ 3 億 7200 万)。

四国の南部の で、日本製紙産業は 21 MW の太陽電池プロジェクトで三菱商事と提携します。

四国電力株式会社は、2014 年後半に工場の初めに 日本 フィードの関税システム、現在 37.8 円/kWh (U.S.$0.37/kWh、€ 0.29/kWh) の下で生成された電気を購入します。

施設は、いくつかの年間 日本 で日照時間の最大数を誇る四国 徳島 小松島 の街にある日本製紙が所有する土地の秋に建設を開始に設定されます。

日本製紙と三菱日本紙メガ太陽小松島、特別目的会社、プロジェクトを監督するために設けて。

日本製紙は日本製紙の資産と技術だけでなく、三菱は海外電力 ipp 事業を通じて蓄積してきた専門知識 四国 プラントを採用するだろうと述べた。

日本アジア グループ、一方、500 を開発する計画は、2015 年まで ヨーロッパ の操作を抑制しつつ国で太陽光発電の MW。

ザ ・東京の再生可能エネルギー グループは現在計画している 110 MW の追加 190 で 3 月 31 日終わる会計年度の 2014 年、いくつかの 200 MW を提案した木曜日、日本アジア会長山下哲生によるアナリストとの会議でのコメント引用 MW 次の年では、ブルームバーグと報じた。

山下言った会社はグループが既に複合発電量 59 24 太陽光発電所を開発した、 ヨーロッパの で太陽光発電事業をカットバックが MW。

A 政府インセンティブ プログラム 2011年 福島 原子力災害をきっかけに昨年導入したクリーン エネルギーを促進するためには、 日本 で活況を呈している太陽電池市場になりました。

著作権 © 2015-2016 Xiamen Sunforson Power Co.,Ltd.すべての権利予約.